ご挨拶

 

 

 

株式会社三洋介護住宅 落水 保

私は今まで、地域密着で仕事をさせていただく中で、

ご高齢者本人、およびご高齢者のご家族の家探しに応じてきました。

そのほとんどの『相談内容』が、『年金の範囲内で、介護サービスの利用と日常生活ができる施設を紹介して欲しい。』という内容でした。

しかし、このような条件を満たすことができる『施設』は実際には少なく、
現在の『介護保険制度』においての『公的機関による介護施設』(一般に介護保険施設と呼ばれている)は、福岡市内に限らず、県内においても、入所待機者が多く、ほとんどの高齢者が入所できない状況です。


他に『有料老人ホーム』という選択肢も考えられますが、一部の『裕福層』を除き、一般の方、もしくはそのご家族としては、『経済的負担がかなり大きい』等の理由で、これも、実質『入所施設の対象からは除かれている』という現状です。
この様な『高齢者を取り巻く、不完全な環境』で、具体的な『解決策』が見いだせない中、さらに、厳しさが増したこの不景気が人々の日常まで『不安』と感じさせる状況です。

この『不完全な環境』を解決する為に、私たちが提案する『高齢者専門賃貸住宅サービス』は、医師/不動産コンサルタント/高齢者介護サービス業という各企業様からの賛同をいただき、これから、本当の意味で『高齢化社会』への不安を解消し、少しでも社会貢献になる様に、一つひとつ、この問題を解決していくしかないと考えています。

私たちに出来る事とは、『両親達』『未来の自分達』『未来の子供達』が、
本当に安心できる『高齢化社会』の構築です。


まずは、福岡市内を中心に、
『高齢者サポート介護サービス選択型賃貸マンション
「安寿の郷」プロジェクト』を展開していきます。